ぺヤングもっともっと激辛MAX!喉が焼ける様な辛さ!

これは酷いぞ!カップ麺の度を越えた激辛焼きそば!

辛いカップ麺と言えば定番中の定番でもあり、数多くのメーカーが辛さのみを極めるために様々な辛さにこだわりを持たせたカップ麺を幾度となく販売してきました!

その中でも凶暴な辛さを持つこちらのぺヤング激辛Maxは過去に一度販売されており、ジョーク商品と言う扱いを受けてきたこともあります。

ですが最近この激辛を更に辛くしたもっともっと激辛を販売しました!

このもっともっと激辛がどの程度の物なのか実食して紹介して行きたいと思います!

 

商品紹介

会社名 まるか食品株式会社
商品名 ぺヤングもっともっと激辛
小売希望価格 185円(税抜)
内容量 118g

栄養成分表

エネルギー  549g
たん白質  9.2g
脂質  27.4g
炭水化物  66.3g
ナトリウム  1.2g

アレルギー

アレルギー成分
小麦
ごま
大豆
鶏肉
豚肉
りんご

ぺヤングもっともっと激辛の紹介をしていく!

今回紹介する商品は最早商品として謳っていいのか怪しいレベルの食べ物です!

とにかく旨さはあるが、それすら感じる事をさせない辛さは酷いとしか言いようがありません。

辛い物が好きな方にはかなりおすすめしたいものになってはいますが、辛いのが苦手な方は是非ともスルーした方が良いであろう商品なので、間違ってでも手に取るような行為はやめましょう。

という事で早速こちらの商品の紹介をしていきたいと思います!

ぺヤングもっともっと激辛の麺は安定のぺヤング麺!

麺の硬さ 柔・☆・・・硬
麺のコシ 弱・・☆・・強

ぺヤングもっともっと激辛の麺は通常のぺヤングの麺と変わりません。

フライ麺でカロリーは高めで昔ながらの味わい感じる美味しい麺になっています!

縮れ具合もインスタントならではのくねくねとした均等で美しいカーブのある麺になっており、お湯を入れて3分で完成します!

ぺヤングの麺は他のカップ麺と比べるとやや柔らかめな食感になってはいますが、意外にしっかりとした食感を感じる麺になっています!

ソースの辛味も良いが所々ムラになり、味が余りついていないのではと不安になってしまうところも見られます。

ぺヤングもっともっと激辛のソースはやや赤みを帯びたスパイシーなソース!

味の濃さ 薄・・☆・・濃
辛さ 弱・・・・☆強
脂の量 少・☆・・・多

もっともっと激辛は激辛ソースが附属されており、このソースが結構な香りがします!

スパイシーなので美味しそうに感じるソースの香りは、周りの人からしたら美味しそうな香りですが、当事者からすると結構な刺激臭になっています!

他で嗅いだことの無いツンとした香りはやや不安をあおるような香りになっており、美味しそうとやばそうの中間を心が彷徨う香りでした。

ぺヤングもっともっと激辛の具材は鶏ミンチ!

ぺヤングもっともっと激辛の具材にはキャベツと味付き鶏ミンチが使用されています。

ミンチは一見すると何かしらの動物のエサのようにも見えてくる細く丸い物になっています。

キャベツはクタクタで柔らかすぎてキャベツ感はないが、しっかりとソースを吸っています!

この点ではUFOのソース焼きそばのキャベツとあまり変わりない物になっています!

鶏ミンチは味が付いており、塩気を感じる物になっていますが、この味は食べ出汁数秒でわからなくなります!

 

ぺヤングもっともっと激辛を実食してみる!

もともと辛いのは得意な方ではありません!

このサイト上でもそれは主張するように書いています!

なのでこの会社のこの商品が一体何の目的で作られているのかが全く皆目見当がつかないのも事実です。

ただただ面白いと言うだけであるのならば、これは酷い内容になりますね!

と初めから弱音や愚痴をこぼす前にとりあえずどれほどの辛さなのかを体験してみない事には話になりません!

なので早速カップ麺を作っていきます!

まずはこちら…

パッケージからこの辛さがひしひしと伝わってきますね。

ですが、これは大袈裟じゃないの?と言うくらいにしか感じません!

だってカップ麺ですよ?

てかMAXとか言ってもそんなに思ったほど辛くないんでしょ?

とか思って見ているとなんか下に見にくいですが注意書きが施されていました。

これを読んでもまだ私的には大袈裟な!と言うくらいの気持ち。

次に開封してみます!

中身はこんな感じ!

ぺヤングお馴染みのかやく袋と激辛ソース!

色に騙されそうな真っ赤な袋が威嚇して見えます!

かやくを開封しお湯を注いでいきます!

拍子抜けさせられるんだろうな…と気持ちでそそいでいきます。

そして待つ事3分で湯切りをし、早速ソース開封!

しっかりと絞り出すとスパイスの良い香りが広がってきます!

その際に一滴手に飛んできたソースを舐めると…結構辛いぞ!

まぁでも食べられるくらいの辛さだ!と思った後に浮かんだのは…今の食べられるくらいの辛さと言う気持ちは一滴に対する感情

なんか嫌な予感が頭をよぎるが、出来上がりは良い香りと赤すぎない見た目!

ですが近くで香りをかぐと鼻に刺さる匂い!

いや、これ本当にやばいんじゃないの?と思うくらいに気の進まない食事…

ですが悩んでもしょうがないので、覚悟を決めて実食します!

麺をズズーとすすると、「お!意外とスパイシーで美味し…」と思うあたりに激しく辛味が口の中を襲います

とりあえずの水分に走る私!

本格的なタイ料理の辛い物を思い出させるような辛さ!

これは酷い…

そんな意味が分からない辛さにヒーヒー良いながら水を飲みます。

「カップ麺の癖に辛すぎるだろ!」と心で思うが口は動きません。

再度挑戦するも辛すぎるためか倦怠感に襲われ全く力が入りません。

そのせいか気管支に入り辛さの暴行を受けます

ヤバい!痛いし辛いしどうしようもない!

喉が焼ける!

そんな痛みと闘いながらも水を補給し、これ以上はヤバそうだと思ったのであのお方に登場してもらいます!

辛い物が苦手な我らの救世主「生卵」

辛すぎるせいかやや思考回路も追いつかない現状は結構ヤバいと思い生卵さんの助けを得ます!

投入!

しっかりとかき混ぜ麺に絡めると白身と黄身がまろやかに絡みつきました!

そしてまた一口!

むむむ!これはマイルドな味わいで食べやすくなり美味しい!と思ったのもつかの間、結局辛さ自体は変わらないので辛さは同じでまろやかさが増しただけになっています。

ですがそれすら嬉しいほどに食べやすく、辛さを感じ切る前に完食しました!

ですがその後はお腹がタプタプになるほどの水分を取りました!

 

ぺヤングもっともっと激辛のまとめ!

とにかく割を付けるのであれば、美味しい0.5:辛い9:良くわからん何これ?0.5=10でしょう!

ただただ辛いと言えるラーメンの面白さは、販売元と仕掛ける側が感じるだけでこれをいただく人は気乗りしないただ辛いだけのカップ麺を食うと言うだけです。

簡単にまとめると以下の通り

  • 辛さ際立つ
  • カップ麺の辛さじゃない!
  • 味わう余裕すら与えられない
  • 何なんコレ?
  • 辛い=旨いではない!
  • これ考えたやつ出てこい!

と言う感じになります!

とにかく何についてまとめればいいかすらよくわからなくなりました。

ですが面白さや好奇心を求める方は、是非ともこのカップ麺を一度試してみると面白いと思いますよ!

とにかく辛いので辛さに自信ある方は挑戦してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です